春色緑雲

※新記事も書きつつ、過去の記事も整理しています。

コピー機前の攻防

「コンビニのコビー機は行ったらすぐ使える」という先入観がありました。今夜駆け込んだら、操作に手間取っている小柄な男性の先客が既におり、(あ、はい、なるほど、待ちましょう、はい、待ちましょう)と大人しく待つことにしたものの、・・暫し、沈黙の時が流れ、その男性、徐に振り向き一言。「あの、後ろにいられるとやりづらいんですけど」ですって。
( ̄□ ̄;)!!
わかるけれども。
声に出して言います?
事を荒立てぬことが先決と考え、咄嗟に私の中ではかなり愛想笑いレベルの高い表情で「すみません、急いでるもんで。(^_^;)」と答え、自分の順番が来たら、もう、光の速さでたった1枚のコピーを終わらせましたが、その間じゅう背後にはその男性がおり、「慣れてますね。早いですね、いつもやってるんですか。」と謎の合いの手を入れて下さいました。
(怖い怖い怖い怖い・・)
もう逃げるしかないです。