春色緑雲

※新記事も書きつつ、過去の記事も整理しています。

3月11日 金曜日

昨日の夜は 、明日は 3月11日 金曜日 あの震災の日と同じ曜日だと、何か落ち着かない気分でした。今日午後2時。私にとっては 何の変哲もない一日です。 5年前の3月11日も同じような気分でいたはずです。数十分後に巨大な地震が起きることも 知らずに。あの日自分の部屋で突然の横揺れに襲われました。居間に駆け降りるも、まだ揺れが終わらない、まだ終わらない 、おかしい 。目眩や吐き気を催しそうな長い揺れでした。咄嗟にテレビをつけてnhkの中継を見ると 、既にある湊に津波は押し寄せており、港に駐車してあった数十台の車が 海流に飲み込まれていく様子が映っていました。 私の住んでいる場所は震度4でした。 夕方以降の仕事は全てキャンセルの判断をしました。お客様の一人は駅で足止めを食らい、帰宅は夜の8時半だったでした。テレビの中継では 石油コンビナートや 工場が黒煙を上げ、何百もの家が黒い海流に押し流されていました。夜になると、気仙沼市一帯がオレンジ色に燃えていました。経験した事もない戦争を想起しました。私が住んでいるのは 被災地から数百㎞離れた場所ですが、 ここですら日常が止まってしまう。スーパーでは生活消耗品が棚からなくなり、乾電池を買い揃えるだけでも数点をまわらなければいけないほど苦労しました。 上空では東北に向かう何機もの自衛隊や米軍のヘリを見ました。ヘリの音も鮮明に覚えています。震災後のあの数週間を忘れることはないでしょう。